うつ病さんにとって、

自立支援医療が受けられるのは経済的に助かりますよね?

 

ですが、何らかの原因で病院を変更しなければならない時、

どうすればよいのか御存知ですか?

 

まず、自立支援医療とはどういう制度なのか?

 

自立支援医療制度は、心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。(厚生労働省)

 

うつ病さんは、社会復帰するまでの間、

体調が働ける状態に戻るまで時間を要する事が多いので、

自立支援医療制度は経済的に助かる制度です。

 

保険に加入していれば、

通常3割負担のところを1割負担にまで軽減してもらえます。

 

またひと月の上限が設けられており、

1割負担と上限の安い方が適用される場合もあります。

各自治体によって異なりますので、詳しくはお近くの役所でお聞き下さい。

 

自立支援医療の申請手続き

 

最初にうつ病と診断された医療機関で、

自立支援医療の手続きが役所で行う事を説明される筈です。

 

ただし、どのような支援を受ける事が出来るのかは、

各地方自治体によって異なるので注意が必要です。

 

ではどんな時に手続きをする必要があるのか?

 

このような場合に自立支援を受ける為の手続きが必要です。

・最初に自立支援の手続きを行う時

・自立支援医療の更新時(毎年)

・病院を変更する時

自立支援支援を受けるために必要な書類

 

自立支援を受ける為には役所に以下の書類を提出しなければなりません。

 

  • 自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書
  • 自立支援医療(精神通院)医師の診断書
  • 所得証明証等、世帯の所得を証明する書類
  • 健康保険者証(写し)

 

初診時や病院を変更する際は、

先に病院で診断書を書いてもらってから、

役所に必要書類を提出する必要があるので気をつけて下さい。

 

ただし、各地方自治体によって必要書類は異なりますので、

ご不明な点はお近くの役所でお聞き下さい。

 

自立支援医療制度の概要は厚生労働省のHPから