うつ病さんがまず最初に受けられる

公的支援といえば、自立支援医療制度ですよね?

 

 

健康保険の負担分が3割から1割に軽減される、

うつ病さんにとってはありがたい制度です。

 

最初はこんな公的支援があるのだと、

知らされ訳も分からず役所に申請した事を思い出しました。

 

1年更新なので、もうそろそろ更新の時期に、

差し掛かろうとしているのですが、新たな事実を知ることに・・・

 

世帯の所得によって、

自立支援医療が受けられる上限が決まっているのだとか。

 

これには、正直複雑な気分になりましたね。

 

別ブログでも赤裸々に語ってますが、

私は2015年3月19日に離婚をしたのです。

 

昨年の世帯の所得は約〇〇◯万円

生活費は私の貯金から◯万円元嫁の実家に手渡し

元嫁の給料は全部自分が遊ぶためのお金として使用。

私の所得はほぼ0に近い状態。

 

でも、世帯の所得で自立支援医療の上限が決まるので、

どうにも腑に落ちないのは私だけ?

 

そして、そんな状態で嫁の実家で暮らして1年後、

突然の離婚宣告・・・。

 

この辺りの事は別ブログに書いてますので、

離婚問題が気になる方はそちらをご覧ください。

 

結局のところ、世帯所得に応じて、

自立支援が受けられる金額の上限が決まるので、

家族の理解がこんなところでも必要なんだなぁと

しみじみと感じました。

 

自立支援に関する情報はこちらのページで確認出来ます

自立支援医療における利用者負担の基本的な枠組み