近頃テレビでも度々紹介されている

セロトニンという幸せホルモン。

 

セロトニンって言葉は聞くけど、

どうしたらセロトニンは増えるのでしょうか?

 

幸せホルモンーセロトニンって何?

 

セロトニンは神経伝達物質の1つで、

ドーパミン、ノルアドレナリンと並び、

体内で特に重要な役割を果たしています。

 

  • ドーパミン・・・快感を増幅する神経伝達物質
  • ノルアドレナリン・・・意欲と生き残るために必須の神経伝達物質
  • セロトニン・・・落ち着きと安定感をもたらす神経伝達物質

 

セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンの暴走を抑え、

心のバランスを整える働きを担っています。

 

うつ病さんはセロトニンが不足している?

 

セロトニンが不足すると以下のような症状が表れます

 

  • 気分が沈みやすく抑うつ状態に陥る
  • 欲求不満になる
  • 眠れなくなる
  • 朝起きるのが億劫になり動けなくなる
  • 痛みを感じやすくなる

 

もしこのような症状に心当たりがあれば、

うつ病の可能性がありますので、注意する必要があります。

 

なぜセロトニンが不足するのか?

 

セロトニンの分泌が減少するのには、

何かしらの原因があり、大きく分けて3つの要因が挙げられます。

 

  1. 朝太陽の日光を浴びていなくて昼夜逆転した生活を送っている
  2. デスクワークなどが多く普段運動しない事が多い
  3. 朝食を取らなかったり、ダイエット目的で食事制限をしている

 

このような生活習慣を送っていると、

セロトニン不足を起こす原因となりますので、

思い当たる節があれば、改善していきましょう。

 

セロトニン不足を解消する方法

 

不足するセロトニンを補う為には、

上記で説明した生活習慣を改善する必要があります。

では、具体的な方法としてどうすればよいのか?

 

セロトニン不足解消法

  • 日光を浴びる(日光でなくても、2500ルクス以上の光を浴びても良い)
  • 朝食を食べる(セロトニンの原料であるトリプトファンを摂取する)
  • 散歩をする(散歩でなくても良いが、負担の軽い運動を毎日行うと良い)
  • 腹式呼吸を行う(ゆっくりと鼻から息を吸い、口から息を吐き出す)

 

どれもごく当たり前のような事ですが、

このような生活習慣が崩れてしまうと、

うつ病になってしまう危険性がありますので、

改善できる所は改善して、うつ病の予防をして下さい。