うつ病さんは抑うつ状態に陥ったり、

季節によっても調子の波があると思います。

 

では、抑うつ状態の時、

脳内では右脳と左脳のどちらが働いているのか

あなたは考えたことがありますか?

 

そもそも抑うつの時は、

脳自体が働いていないんだから、

私は右脳か左脳かなんて考える事もありませんでした。

 

ですが、何故かふと気になったので、

少し調べてみたんですが、面白い事が分かりました。

 

右脳タイプか左脳タイプか診断出来るサイトがあったので、

試しに自分がどちらの脳のタイプなのか診断してみたんです。

 

そしたら、右脳と左脳の働きや、

情報のインプット・アウトプット方法の違い、

どちらの脳を使えば抑うつを軽減出来るのか見えてきたのです。

 

右脳と左脳の一般的な働きの違い

 

一般的に右脳は直感、空間認識、イメージ、etc…

芸術的、感覚的な役割を果たしていて、

見たものを画像で記憶するとも言われています。

 

反対に左脳は論理、言語、計算力、etc…

論理的、数学的な役割を果たしていて、

耳で聞いた言葉を論理で分析して記憶するとも言われています。

 

抑うつの時はどちらの脳が動いているのか?

 

抑うつは気持ちが沈んだり、

憂うつで、何事も悲観的に考えたり、

何をするのもめんどくさくなってしまいます。

 

また、頭が働かず思考力も低下しているので、

何にしても一向に物事がうまく進みません。

 

では、右脳と左脳の働きから抑うつ状態を見てみると、

感情を司る右脳は働いており、思考を司る左脳は働いていない、

というのが私の見解です。

※医学的に証明されている訳ではなくあくまで私個人の意見です

 

つまり、抑うつ状態を軽減するには、

右脳の働きを抑え、左脳の働きを活発にすれば、

悲観的な考えを改め、論理的に現状を見つめ直せる筈。

という訳です。

 

 

右脳と左脳の働きをコントロールする方法

 

では、具体的に右脳の働きを抑え、

左脳の働きを活発にするにはどうすればよいのでしょうか?

 

まず、今あなたが、

右脳と左脳のどちらの脳を、

活発に使っているのかこちらのサイトで確認してみて下さい。

合わせて利き目の診断も行なってみて下さい。

 

・・・確認出来ましたか?

 

では、右脳の働きを抑え、

左脳の働きを活発にする方法についてですが、

左目を手のひらで覆い、視界を右目だけの状態にします。

 

では、先ほどのサイトの動画をもう一度確認してみて下さい。

おそらく、しばらくすると反時計回りに見える筈です。

つまり左脳が活発に働いているという事ですね。

 

何の根拠も無いので信憑性には欠けますが、

やってみると面白いですよ。

 

他に参考にしたサイト

右脳・左脳のおもしろ診断

脳のお勉強会