うつ病を治す為の意識改革

 

以前に、うつ病の認知度と誤解について記事を書きましたが、

今回は認知療法という治療法をご紹介致します。

 

そもそも認知とは?

 

簡単にいうと物事のとらえ方や考え方の事ですね。

皆が同じ考えを持ち、皆が同じ価値観を持っているなんて事は、絶対にありません。

そんなのはロボットです。

 

土地、人種、育った環境、

など多種多様ですし、文化という歴史も存在します。

 

他人の言動や行動が理解出来ない事なんか、誰だってあるはずです。

でなければ、戦争なんて起こるはずがないですよね。

 

ちょっと脱線したので、

認知について話を戻します。

 

例えば、AさんとBさんが、

会社の上司に、同じ失敗について指摘されたとします。

 

Aさんは、上司が自分の為を思って、言ってくれたのだと思い、

今後はそんな事が起きないように、気を付け頑張ろうと思いました。

 

一方、Bさんは、失敗した事に対して、

なんで自分はこんな失敗をしてしまったのだろうと、

自分を責めるあまり、やる気をなくしてしまいました。

 

上司からすれば、AさんとBさんに、指摘した内容は同じですが、

指摘されたAさんとBさんでは、全く異なったとらえ方をしています。

 

この物事に対するとらえ方を修正し、

問題の解決を図る事で、気分障害を改善させる治療法を、

認知療法と考えて下さい。

 

要するに、

ネガティブになっている思考を、

ポジティブ思考に変化させていく治療法ですね。

 

今日はその具体的な方法について、

6つのステップに分けて書かれたレポートをご紹介します。

 

作者はMさんというサラリーマンの方です。

Mさんご自身も仕事での負担増加が原因で、うつ病を患われたそうです。

 

ですがMさんは、この認知療法により、

現在では健康な生活を、送られているそうです。

 

その実体験をもとに、

レポートに纏めておられますので、

うつ病で悩んでいる方は、是非とも参考にされて下さい。

『うつは自分で治せる!~認知療法を活用しよう~』

 

お問い合わせ・ご感想はこちらから

お問い合わせ