これなんだか分かりますか?

2012_10_25_20_05_28

 

これは私が現在飲んでいる一晩の薬の量です。

 

通常飲んでいる薬に加え、

アレルギー性鼻炎が酷くなってきたので、

耳鼻科に行ったら、案の定、鼻の状態が悪化していました。

 

空気が乾燥してきて、

部屋に溜まっていたハウスダストが、私を襲ってきたのです。

 

アレルギー性鼻炎は、

花粉症のような症状なので、

この気持をわかって頂ける方も多いかと思います。

 

  • 鼻がつまる
  • 鼻から息ができない、
  • 鼻水がとまらない
  • のどが荒れる
  • たんが絡む

etc…

症状としてはこのあたりかと思います。

 

うつ病さんは、

このように他の病気にかかった時も、

他の薬を併用して飲まなければなりません。

 

薬の組み合わせなどもありますので、

お薬手帳はもはや必需品です。

 

で、今飲んでいる薬の量が、上の画像と言うわけです。

1日ではなく1食の量ですから、実際はもっと飲んでいるんです。

 

しかし、ここまで薬が多くなると、副作用が多々出てきます。

 

やはり、眠気が一番多い副作用で、

昼の15時くらいが、眠たくて仕方がありません。

 

他にも集中力の低下や、やる気の阻害、頭痛など、

いたるところで副作用と、思わしき症状に出くわします。

 

また、一度にこんなに薬を飲んでいいのか?

という疑問も持ちますし、

どんどん薬づけになっていく恐怖を覚えます(ヽ´ω`)

 

病院の先生は、

うつ病を治す為には、無理をせず休息をとり、

薬を飲みながら良くなると、2年間ずっとおっしゃってきました。

 

しかし、調子が良い時は普通の体なのに、

天候、体調、ストレス、等の理由により、

落ち込むときは、落ち込みます。

 

しかし、家族はそれを理解してくれません。

 

とにかく、家にいると体に悪いのではないかと思っており、

お金の面も心配してか、バイトに行くように勧めてくるのです。

家にずっと引きこもっていると、やはり世間一般からは批判の対象になるんです。

 

このあたりの繊細な部分に関して、

家族ですら理解を得ることが難しいのがうつ病の難しい所。

 

私自身も働ける様な気もするけれど、

どうしても頭を過るのが『再・発』の2文字。

 

これまで2年かけて治療してきた事が、一瞬にしてすべて無くなってしまうのです。

その最悪の自体がどうしても怖くて、行動に移せなくなって行くんでしょうね。

 

ここからは、自分と向き合って、

どうするかを考えなければなりません。

 

今後の私の活動は、

うつ病さんのコミュニティ作りを、

1つの作業目標として立てました。

 

体験価値で得られるものは大きいです。

なので、同じうつ病で悩んでいる方達の声を、たくさん聞いて行きたいと思います。

 

うつ病でお困りの方は、

カピティの相談部屋からご相談下さい。

 カピティの相談部屋はこちら

 

うつ病に関する相談も受け付けています

↓ ↓ ↓

お問い合わせフォーム

 

どんな些細な事でも構いません。

お気軽にお問い合わせ下さい。