やる気が出るんやったらやっている

 

あなたはニートの定義を知っていますか?

 

 

『働く気がない若いもんのことやろ』

 

間違いではありませんが、

もう少し具体的に説明します。

 

 

そもそもニートってどんな人?

 

もともとはイギリス発祥の略語で、

『Not in Education, Employment or Training』

の頭文字NEET(ニート)をとった造語なのです。

 

日本語に直訳すると、

『教育を受けず、労働も行わず、就業訓練もしていない人』

という意味になります。

 

イギリス政府は労働政策上の人口の分類として、

16~18歳にNEETと定義しました。

 

それが日本では、大学や高校卒業後、

就職意欲もなく、進学もしない若者を指すようになりました。

 

日本でのニートのイメージは、

『○○をする意欲が無い人』と捉えられがちですが、

海外ではニートという言葉はほとんど通用しないそうです。

 

では日本でのニートの定義とは?

 

被労働人口のうち、年齢が15~34歳、

通学や家事をおこなっていない者(家事手伝いを含む)

 

一方うつ病が原因で働く事が出来ない人もいます。

うつ病でも働いている方はいらっしゃいますが、

結構精神的にも肉体的にもキツイはずです。

 

ニートとうつ病が原因で働けない人の違いは、

働く意欲があるか、働く気すら無いかという点。

 

しかし、一般の人から見れば、

ニートもうつ病で働けない人も区別はつきません。

 

ニートは労働や家事など、やる気が無い人。

うつ病患者の多くは労働や家事など、やる気が出ない人。

 

やる気は目に見えない事が厄介なんです。

 

やる気が無いのか?やる気が出ないのか?なんて

パッと見て区別出来るような、具体的なものではないのです。

 

今日はこのニートに関して、

オススメの本があるのでご紹介。

 

元ニートからネットビジネスで、大逆転された地雷屋さんの書籍。

(※ネットビジネス業界では有名人)

 

地雷屋さんの書く文章は実に面白いです。

何が面白いかは地雷屋さんのブログやメルマガを見れば一目瞭然。

真似しようと思っても真似できるレベルじゃないです。

なんというか、独特の世界観をお持ちです。

 

私があ~だこ~だ説明するよりも、実際に見た方が早いですよね。

ということで、

地雷屋さんのブログはこちら

 

地雷屋さんの書籍はこちらです

元ひきこもりニートがリアルに教える! 脱ニート完全マニュアル